母乳が出すぎてバスタオル出動!天然乳頭風呂完成。

子育て

母乳が出ることは本当、ありがたいことです。寝ぼけながらでも、ぽいっとおっぱいを出して飲ませれば調乳や温度確認も必要ないので、気楽だし。好きなだけ飲んでいっていいよ~!と調子のいい私のおっぱい。今日はそんな出すぎるおっぱいが故のありがたくも少し困った話。

スポンサーリンク

安心して夜を超すためにはバスタオルが必要。

赤ちゃんゆうを抱っこして、右乳をあげているとゆうのお腹あたりが濡れてくる。左乳にすると、さらにその範囲が広がっていく。ん?と思ってゆうの顔から眼を離し、自分のおっぱいを見ると…あげていないほうからピュー!ぽたぽた。ピュー!と行き先を失った母乳が飛んでいる。

これや。

初めは哺乳瓶の空き瓶でキャッチしていましたが、ゆうは哺乳瓶嫌い。何度も哺乳瓶であげようとしても、

ゆう
ゆう

こんなもの、いらないぜ!(ぷいっ!)いいから、早く直接飲ませておくれ‼

と言わんばかりに拒否するのだ。(そのため夜間授乳をのすけに替わってもらえずしんどかったが。)

哺乳瓶でキャッチしても意味ないから、もういいや。捨てる予定のタオルに吸い込ませて捨てていた。寝ている時も少し時間が空けば母乳が垂れていたようで、朝気付けばパジャマはビチャビチャで不快。とそして何とも言えない母乳のにおいに包まれる。 母乳パッドも「限界です…。」と音をあげる。もう、こうなったら君しかいない!でてこい!「バスタオル‼」

ということで、何度もたたみ、ブラキャミの中に無理やり突っ込み寝ることでMAX母乳製造機の時の私はなんとかパジャマを濡らさずに夜を明かすことができました。

今日も、明日も乳頭風呂。

ゆうの沐浴期間が終わり、一緒に大人のお風呂に入っていた時。

湯船の中に「ふわふわふわ~」とした白い線が。それもゆっくりだがどんどん伸びてくる。出先を辿ると私の乳首。

みんこ
みんこ

あぁ、君ね。じゃあこれ、母乳だったのね。

ゆっくり浴槽のお湯をかきまわして見なかったことにする。

するとまた「もやもやもや~」と出てくる。仕方がないので、一旦お湯から乳首を出すと、ぽたぽたぽた。と予想以上の速さで出ていく。

みんこ
みんこ

もういい。出るだけ出なさい。

と謎に自分のおっぱいに心の中で話しかけ、ゆうと楽しくお風呂タイム。すると気付けばなかなかの乳白色に。はい、乳頭風呂の出来上がり。

お風呂から上がると左右両方の乳からぽたぽたと母乳がしたたり落ちる。壊れた蛇口みたいになっている。おっぱい用のストッパーか何か欲しいくらいだ。笑

お風呂あがり、湯冷めしないよう急いでゆうを拭くがそこでもゆうの上にポタポタと落ちる母乳。匂いで「おっぱいだ!」と分かっているゆうは必死で口を開けて探す。

一度きれいにゆうを拭いたバスタオルを私の身体にかけ、自分を拭くのもそこそこに新しいバスタオルでゆうを包み、その時出てくるスピードの速いほうの乳首を噛ませる。脱衣所からリビングへの距離もそんなにないのだが、気持ち的にはとても焦る。

おかげで「移動式授乳」という飲ませながら移動する技術も身に着けた。

たくさん母乳がでるのはありがたい。でも、ほどほどにするか止める技術がほしい。

次の2人目授乳期、どうなるかが楽しみだ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました