私の出産体験③ ナースコールを1度も押さずにいたら。

子育て

タクシーの運転手が言っていた通り、出産する妊婦が多いのか分娩室は満員だった。いろんなところから叫び声が聞こえる。まだそこまでじゃない、そこまでじゃないと息を吐きながら、痛みが過ぎるのを待った。
他の部屋にバタバタと人が入っていく足音が聞こえる。そうかと思うと違う部屋から産声が聞こえる。私の順番はいつだろう、今か今かと待っていた。
ナースコールも1度も押さずに…
すると急に、股間に違和感を覚えた。

みんこ
みんこ

なんか、股に挟まっている気がする。もしかして赤ちゃん出てこようとしているの?あれ?痛い痛い…何?え?見えない、自分で確認もできないんだけど!何か出てる??

みんこ
みんこ

ちょっと待って。何か出る!何か出てる!!

産院で私が叫んだはじめての言葉は「痛い」ではなく「何か出る!」だった。
その声を聞いた助産師が奥の詰所から出てきてくれた。私の部屋の奥の扉は詰所に続いていたらしい。あれ?その割に、全然見に来てくれなかったような…。まぁナースコールもしてなかったし、翌朝までまだまだだから、忘れられそうになっていたのかな。笑
その助産師さんが電話で連絡すると、どこにいたのだろうと言う数の人が部屋に入ってきてくれた。

こんなにたくさん人がいたのね。さっきまで私とのすけと2人だけだった部屋が急に人でいっぱいになった。

出産体験4に続く。

出産体験1はこちら

出産体験2はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました