息子に魔女と呼ばれた日〜3歳児と過ごす日常の中で〜

子育て

去年に引き続き、4月末から新型コロナウイルスの感染拡大防止のため保育園登校自粛要請が出た。
育休期間中の私は保育園児の3歳息子ゆうと8ヶ月娘りかを家で見ることになった。

旦那はフルリモート。
新型コロナウイルスの感染予防には本当にありがたいし、今まではすれ違いの日々でご飯も一緒に食べられなかったので、結婚してからこんなに長い時間を一緒に過ごすのは初めて。
リモートワーク仕様の家にはなっていないので重要な会議の時は息子が部屋に行かないように外へ連れ出すようにしている。

1日ご飯を作ってるんじゃない?と思うこともある。

大人のご飯、好き嫌いが出てきたイヤイヤ期の息子、離乳食のはじまった娘。

家事が得意なわけではない
料理も好きなわけではない

もし、お昼ご飯だけでも1人きりで過ごせるなら、きっと私は1人でカップ麺でも食べたいと思うくらいのズボラ人間。みんないるから、それはちょっと気が引ける。(もうすぐ流水麺の季節!早く!笑)

朝ごはん
→早く起きて!1日の予定が…
昼ごはん
→あれ?さっき食べたよね?
晩ごはん
→イヤイヤ言わない!食べたらお風呂!

片付けしようにも進まない、散らかり放題の部屋。
頑張って片付けても振り返ると片付けた跡形はない。
さっきの時間は一体何だったのか…?

そんなバタバタの毎日。

ほとんど昼寝をしないリカ
ほんの数分の間に夜ご飯の準備をする

台所に立つ私は「とにかく、早く終わらせないと」と包丁を振り回す。

プラレールをしていた息子がスッと近付いてくる

ゆう
ゆう

ねぇ、ねぇ、お母さん

みんこ
みんこ

今、ご飯作ってるよ〜!
危ないからちょっと離れててね〜

また一緒に遊ぼうと言われるのだろう
今の間にご飯の準備終わらせておかないと
すぐに、リカが起きちゃうし
お願い、時間ないの、邪魔しないで

そばでジーッと見ている息子

また今度一緒にお料理しようね、今日は急いでるから
あっち言っててと言いそうになった時

ゆう
ゆう

お母さん、魔女だ!

…私、何か危ないもの作ってると思われてるのか?
そんな私の心のツッコミを全力でスルーするかのごとく続けて、

ゆう
ゆう

すごい!上手だね!お母さん、素敵!

全力で褒めてくれる息子

みんこ
みんこ

…??
ありがとう!お母さんの何がステキ?

「魔女」と言われて何のことか分からずに、包丁を置き、軽く手を洗って息子の近くにしゃがみ込む。

何なに?教えて?

ゆう
ゆう

だってね、お母さんね、いーっぱい虹作ってるの!みんな嬉しいね!お母さん、ありがとう!

その時私が切っていたもの…そう、ただの玉ねぎ
切った形が息子には虹に見えていた

この本が好きで、小さい時から何度も何度も読んだよね

息子お気に入り絵本

Amazonから買えます

キュッと胸が締め付けられた。
ちょっと涙が出てきたのは、きっと玉ねぎのせい

上の子優先と思って意識的に時間を作った。
息子と2人きりでお風呂で遊ぶこともあった。
外に行けばストライダーの息子と娘を抱えたまま本気で走って競走もした。
コップの中いっぱいにダンゴムシも集めた。
雨の日の家でも退屈しないように粘土、工作、お絵かき、色んなものを準備した。
料理に目覚めた息子とケーキやピザ作りもした。息子の包丁さばきもサマになった。

息子のためにと考えて色々やっても、テレビがいい!これヤダ!あれイヤ!と言われ心が折れそうになる日々。

イヤイヤの時間も内容も私の限界に達した時、
「じゃあ勝手にしてよ!」
ときつく突き放してしまうこともあった。
ぼそっと、
「誰もボクと遊んでくれない…」と悲しそうにして、
しばらくすると、
「お母さんごめんなさい」と言いにくる

1日が終わるたび、今日も叱ってしまった、イライラしてしまった。と自分に嫌気が差す日々。
スヤスヤと眠る息子の横顔を見て
ゴメンね。お母さんどうしたらいいかな?と悩む日々

今まで自分のことばかりだった私。
そんな私が親になれるのかな?と不安もあった。
私自身まだまだやりたいこともある。
でも、思うように進まない日々に絶望する

それでも。
何したい?何が楽しい?何をしたら喜んでくれる?
こんなに人の事を中心に考えている日々は私にとって生まれて初めてかもしれない。

朝になれば
「おっはよ~!わぁ~っ!!」
と元気に笑顔で起きてくる息子に救われる。

ほんのもう少ししたら
「お母さん、一緒に遊ぼう!」
なんて言ってくれなくなるって頭ではわかっているけど、
私にとっては、今、この時が必死すぎて。

一緒にいるのに、一緒にいないような感じだったことに気付く。

子どもが成長したら、いつかこの手を離れて行く

子育てに後悔しないようにって思っていたけど、
それでも色々思うことはあるし
正直、今も日々後悔していることがある現実

日常って何だろう?

シャボン玉が今の息子のブーム
作っては走って割りに行き、
上手くできないと凹み、
大きいのができたー!と喜ぶ
公園に行こうかと言うとはしゃいで
もう帰るよと言うと嫌だ!と叫ぶ

コロコロと変わるあなたの表情に
全てを見せてくれるあなたの感情に
少しずつ大きくなっていく手足に
ちょっとずつ締まってきた身体
小さい時から変わらない優しさ

毎日必死で気付けてなかったあなたの成長
日常がキラキラした世界に見えるあなたが羨ましい

年齢を重ねて、大人になって…
1人の人として成長しているはずなのに、
いつの間にか見えないものが多くなった気がする

私は魔女だったのね
気付かせてくれてありがとう

あなたのおかげで
ちょっと優しい魔女になれそうです

これからも、
あなたにしか見えていない
この世界のキラキラしたものを
私にもそっと教えてほしいな

あなたの無邪気な
たった一言で
私にとっては何でもない日常が
ステキな思い出の1日になりました

そんなあなたと過ごせる
ただの日常が今の私の幸せです

今日もありがとう

コメント

タイトルとURLをコピーしました