【習い事】息子4歳の記録 ピアノ・幼児教育・英会話・無料体験も

この記事では、幼児教育やお家英語を実践中の我が家の息子 ゆう の習い事関連について書いています。
親が考えてもどこがいいかわからない!と言う時には、子どもに受けさせてその様子を見るのが1番です!
子どもに合う習い事を見つけるまでのあれこれをまとめていますので、参考になれば嬉しいです⭐

ピアノ

初めてやりたいと習ったピアノはあっさり終了。

関連記事

幼児教育 タブレット教材

わが家の場合、幼児教育と言っても早く言葉を覚えさせたい!計算を!と力をいれているわけではありません。
身の回りのものに関心を持ってくれたらいいな、小さな変化にも気づける人になってくれたらいいなが中心です。

ベランダでトマトやサラダ菜・シソなどを育てて観察したり、一緒にご飯を作る時に野菜の断面見てみたり。
日常生活の中での発見や、知らないことがわかって楽しい!と言う経験を一緒にしていきたいなと思っています。

現在の習い事はスマイルゼミのみ。(※保育園はモンテッソーリ園)
朝起きてすぐ取り組むことが習慣になっています。
泊まりの旅行や体調不良などがない限り、ほぼ毎日取り組んでいます。
コアトレと言う無学年式のカリキュラムが始まったことで、得意な算数はどんどん前に進めています。
ひらがなは少し気が進まないようで1番はじめの「確認テスト」で数か月ストップしています(4歳半現在)

関連記事
関連記事

モンテッソーリ園にいれて、タブレット教材も渡してと言うと「お勉強ママ」のイメージが強いかもしれません。
私自身は公立・国立育ちで最低限の受験しかしてこなかったので、どちらかというと「勉強しなさい!」と言うタイミングもわからない ゆるゆる派。そして、引っ越しの関係で入れる園がなく、たまたまそこがモンテッソーリ園だったというだけなのです。
モンテッソーリ教育を受けてのびのび楽しそうにしたり、その日にした「お仕事」について生き生きと話している様子の息子を見ると入れてよかったと思います!

英会話

3歳下に娘もいて、旦那の仕事は激務なので平日はほぼワンオペ。
フルタイムで仕事をしながら、習い事は送り迎えは少し厳しい。

土日に習い事を固めてしまうと予定が入れづらくなる。
(それはそれでリズムができていいのかもしれないけれど)

1人で車を使って遊ぶ時は、Youtubeで良く見るBlippi(ブリッピー)の真似をして英語の文で話している。

関連記事

子どもが遊んでいる時にさらに言葉を広げてあげたいけれど、私も夫も細かいニュアンスまで伝えられるほどの英語力も知識もない。

みんこ

英語で誰かとお話したい?

うん!やりたいやりたい!

ゆう

いつものように何をするにもノリノリの息子。
子どもが「やりたい!」と言った時にはできるだけすぐに受けさせてあげさせたいと思っている。
少し時間が経つだけで、「前に言ってた○○だけど」とこちらが話しかけても、「え?そんなこと言ったっけ?」と言われることも多い…。

調べていくと、子ども用のオンライン英会話スクールは1回の授業時間が20分程度と短め。
無料体験授業もやっているところが多いので、自宅で短時間気軽に試せるのがいい!
何が息子に合うかわからないので、気になった所はお試ししています。

初めは子どものオンライン英会話自体がどんなものか、私自身も不安だったので先生がバイリンガルのGLOBAL CROWNの無料体験レッスンを受けました。日本人の先生だからか、子どもも安心して日本語も英語もガンガン話していました。レポートも充実していてよかったです。

詳しくはこちらの記事で♪

2つ目に受けたのは日本初の子ども専門オンライン英会話というところが気になり、リップルキッズパークで体験を受けてみることにしました!

詳しくはこちらの記事で♪

随時更新していきますので、ご覧ください♪

-おすすめ, コラム, 子育て, 幼児教育, 成長記録

error: